~不安をお持ちの皆さんへ、今だからこそのメッセージ~ 12人のカウンセラーによるリレーブログに参加しています♪

【タロット鑑定✨】夫から離婚訴訟を起こされています③

対等なパートナーシップを築くためには、まず自分らしく生きられるようになることが大切です。自分を幸せにできるのは、結局のところ自分しかいないからです。「アナタも自分で自分を満たせる人になれるんだよ」とタロットが教えてくれているような気がします。

***

こんにちは~
心理カウンセラー*Harunaです

ららんさんからの人生のお悩みの完結編です。
かなり間があいてしまいました…💦
前回の記事はコチラ

 

この離婚訴訟問題から学ぶこと

対策を考える前に、まずそもそも今回の騒動が、ららんさんの人生にとってどんな意味を持っているのかを見ておきたいと思います。

「悪魔(逆)」

 

ららんさんが学ぶべきこと、それは、
自分を不幸にする鎖を自分で解くことです。

カードに描かれるネコさんたちは、鎖につながれていることに気が付いています。よく見るとその鎖はゆるゆるで、逃げようと思えば逃げられることも分かっています。

でも、ネコさんたちは逃げないのです。

逃げられないのではなく、逃げないのです。

他に道はないと諦め、自分で可能性の芽をつぶしてしまっているのです。

惨めさや無力感、絶望感に覆われている状態なので、この状況を変化させようという気が起きないのも分からないでもないのですが、カードが逆位置に出ている場合は、この悲惨な状況や束縛から自由になるための努力をしなさいという強いメッセージになるのです。

ららんさんの場合はどうでしょうか?

夫のことを大切に思い、結婚生活は幸せを感じられるものだったかも知れません。

ですが、少し厳しい言い方になるかも知れませんが、夫が与えてくれる喜びで自分を満たそうとしていませんでしたか?

夫がいないと自分には価値がないとか、夫に愛されていないと幸せでないような感覚になったりしていませんか?

自分を保つためには夫の存在が何としても必要だ…と必死になってはいませんか?

もし少しでも心あたりがあるのなら、夫への依存や他人軸(夫軸)になっている可能性が考えられます。

自分に欠けているものを相手に外側から与えてもらい埋めてもらうことは、その瞬間はたしかに幸せを感じられますが、その喜びは少しずつ薄れていって、また埋めてもらうということを繰り返す必要が出てきます。

ですから、これからは夫に振り回されないで、いつも自分は自分で幸せを感じられるようになったほうがラクに生きられるんじゃないかなと思うのです。

自分の内側から溢れ出る喜びは、とても穏やかで温かく、やわらかくじんわりと染み渡るような感覚です。そしてそれは枯れることがありません。

人は本来、自分で自分を満たせる存在です。
人間の成長が目指す最終目的は、この境地に至ることです。

自分軸、相互依存、精神的な自立、対等な関係性としてのパートナーシップ、etc…すべて「自分で自分を満たすこと」をベースに成り立つものなのです。

夫がいてもいなくても、ららんさんの本来的な価値は何ら変わりません。

自分を不幸にする鎖を自分で解く、すなわち、「誰かに満たしてもらわないと幸せになれない」という思い込みから自分を解き放って今日この瞬間から自分で自分を宇宙で一番大事にするららんさんになってみませんか?

 

Haruna
Haruna

鎖を解いて抜け出す途中の段階は、やっぱり苦しいだろうとは思います。でも、そこでくじけないで欲しいのです。

皇帝さん
皇帝さん

そこを切り抜けた先は、これまで以上に幸せを感じられる人生が待っているぞ。「自由になったその先」を楽しみに頑張るんだ。

 

 

パートナーシップ再構築に欠かせないもの

そうは言っても…やっぱり夫と共に歩む人生を極めたい!と思っておられるかも知れませんね。そんなららんさんに、今後夫とより良い関係を再構築するために必要不可欠な対策をアドバイスします。

「女帝」

皇帝さん
皇帝さん

わかりやすいな!

Haruna
Haruna

ありのままの自分を受け入れ、自分で自分を満たすこと。

一人の人間として、また女性として、活き活きと充実した生活を送ってみましょう。

美味しい物を食べ、美しい物に触れ、気持ちが良くなることをし、自然の生命力を体いっぱいに受け、母なる大地とのつながりを感じて生きる…

日常生活の中でそんなことを意識して、自分を喜ばせてあげるのです。

美容に力を入れてもいいですし、やりたいと思っていたことにチャレンジするのでもいいです。
とにかく今は、自分の目の前のことに集中してみてください。

 

 

そうやってららんさんが生きることを楽しんでいると、ポジティブな波動が夫に伝わっていくようになるでしょう。

パートナーシップとは、本来、対等な関係です。

対等性を構築するためには、自分が自分らしくあることや相手に対して貢献するという意識を持つこと(=自分軸)が大切です。

自分の長所や才能を生かして夫の役に立てる(与える)喜びもあれば、反対に、自分の苦手な所を夫に手伝ってもらう(受け取る)という喜びもあります。

そういうふうにしながらお二人なりの「幸せ」を創っていくのが夫婦です。

夫婦というものはお互いに向き合うものではなく、2人で同じモノを見つめて同じ方向に歩いていくものなのだと、私は思っています。

ですから、基本的には、自分の軸で立てていることが大前提になるのです。

 

 

ららんさんへのお答えはこれで終わりです。
最後までお読みいただきありがとうございます!

 


心理カウンセラー*Haruna

 

コメント

  1. ららん より:

    こんばんは。
    タロットを占って頂き、ありがとうございます。
    結果をとても楽しみにしていました。

    ざっくりな質問に対して、ここまでの結果を頂け、大変嬉しく感じます。

    「自分で自分を幸せにする事ができていなかった。そして、これからは、自分で自分を幸せにしたい!」と、なんとなく、感じていましたが、結果にそれが書かれており、間違えていないんだと、後押しして頂いた感じがしました!

    私のやるべきことが明確になり、スッキリしました。
    そして、その先には、なんだか素敵な日々が待っている気がします!

    ありがとうございました。

    • 心理カウンセラー*Haruna 心理カウンセラー*Haruna より:

      「自分で自分を幸せにする」
      そこにコミットした瞬間から、幸せが始まっていますよ。
      まわりはすべて自分の内面が作り出した世界です。

      宇宙はきっと、いつも、最高に素敵な日々を与えてくれています。
      今できること、目の前のことを大切にして、1つ1つ取り組んでまいりましょう!