~不安をお持ちの皆さんへ、今だからこそのメッセージ~ 12人のカウンセラーによるリレーブログに参加しています♪

【ココロノマルシェ】イライラから解放されたい*後編

🌟ココロノマルシェへようこそ🌟

イライラから解放されたい*前編

イヤと言う=犠牲を手放す

話を戻しましょう。

>本当は、毎日娘と楽しくすごしたいです。

そうですね。愛するお嬢さんと楽しく過ごしたいですよね!
秘訣はたった1つ。何か頼まれた時、イヤなことはイヤと断ることです。さっきも言いましたが、やってあげたあとに喜びや充足感があれば、それは「与える行為」と言って、愛をベースとする行いです。一方、満足しなかったり疲労感が残ったりする場合は「犠牲」と言って、誰かのために自分が幸せではない行動をとっていることになるのです。がちゃぴんさんは子どもの頃から犠牲を強いられてきたぶん、どうもそれが癖になってしまっているように思います。頼まれたらイヤでもやらなくちゃいけない、と自分を犠牲にすることが当たり前のようになっていては、まるで自分で自分をお嬢さんの奴隷に仕立て上げているようなものでしょう?過去に追った傷ががちゃぴんさんの内側でうずき、今も奴隷で在り続けるように縛り付けているなんて、あまりにも悲しすぎます。ですから、これからのがちゃぴんさんは、この犠牲という行動パターンを手放していくというのが大まかな方向性になると思うのです。

犠牲を手放すということは、自分の気持ちに正直になるということです。お嬢さんから何かを頼まれたとき、「ぜひやりたい」「やってあげてもいい」と思えるなら、それはがちゃぴんさんの喜びになるわけですから、存分にやってあげましょう。でも、もしがちゃぴんさんの心がイヤだと言っているなら…それは断ってください。断ることを自分に許すのです。「ごめん、今それはできない」って。

いったん断るということを必要以上に恐れる必要はありませんよ。明日ならできるかも知れないし、次に頼まれた時は聞いてあげられるかも知れませんからね。ですから、頼まれごとをやるかやらないかは自分が決めていいし、できることはもちろんやってあげるけど無理なことは無理と言う。それではお嬢さんが気の毒というのなら、誰かにお願いしてやってもらったっていいわけです。主導権はあくまでもがちゃぴんさん自身が持っていて、自分の行動の選択肢を広げていくイメージです。言わば「奴隷からの解放宣言」です。

お互いさまの精神

>具合が悪くて人がたすけてほしいとお願いしても、無理といわれます。

まったくひどい話ですよね(# ゚Д゚)それで、がちゃぴんさんはどうしました?きっと、自分の体にムチを打ってなんとか乗り切ってしまうのでしょう…。相手だって同じです。がちゃぴんさんに断られてもきっとなんとかするはずです。できることは協力する、無理なことは無理、で本来はお互いさまなのです。こういう心持ちでやっていくと、不思議なことに段々とかみあってくるものです。がちゃぴんさんに、「他者の好意を受け取る」という余裕が生まれてくるとも言えますね。

それに、お嬢さんはお嬢さんで、断られたら自分でなんとか工夫して乗り切るかも知れないし、別の人に頼むことだってできるわけです。そこはお嬢さんの力を信じてみませんか?だってがちゃぴんさんの娘でしょう?母親に似てなかなかの根性の持ち主に決まってます(笑)まぁ、つまりは、がちゃぴんさんが断ったってどうにかなるから、一人で全責任を負わなくたっていいよっていうことが言いたいのです。そういう意味では、お嬢さんはお母さんが優しくて何とかしてくれるから甘えているとも言えます。お嬢さん、がちゃぴんさんがいてくれてほんと幸せ者ですね。

ありのままの自分で…

さて、冒頭で、お嬢さんはがちゃぴんさんのシャドウと言いました。シャドウとは「統合=その要素を取り戻すこと」を目指していくのがいいと言われています。自分が抑圧し、隠してきた自分を自分自身として認め、受け入れるということです。それによって禁止されていたものが許されるようになって自由を取り戻すことができるのだそうですよ。つまりは、自分が今まで封印してきた、人に頼りたい、甘えたい、守ってもらいたい、助けてもらいたい、そんな自分を認め受け入れてあげるということです。自分に優しくしたこと、ほとんどないでしょう?ですから、まずは自分で自分を喜ばせるようなことから始めてみるといいと思うのです。がちゃぴんさんが「安心できるな~、幸せだな~」って思えることは、どんなことがありますか?自分の心にゆっくり聞いてみて、食べたい物を食べる、楽しみにしていた映画を観る、ちょっと高級な入浴剤を使う、そんな事からでもいいんですよ。イヤな事を無理にしないというのもそういうことです。そうやって自分の本音を大事にすることっていうのは、どんな自分も丸ごと愛するということなんですよ。

終わりに

19歳で家を出ることができ、結婚、出産を経て、順調にご自分の生活基盤を築いてこられたのは、本当に素晴らしいことだと思います。がちゃぴんさんがいろいろな能力を持っていて、健康で魅力的な女性である証拠です。きっと人一倍努力家だろうとも思いますし、何よりお子さんのことをこんなにも愛していらっしゃる。だから、自分で自分を奴隷から解き放つことも、がちゃぴんさんならきっとできます。今日これからの人生は、どうか幸せ溢れる日々を過ごされますように、遠い空の下から願っています。

 

🌟あなたに捧げるLODESTAR🌟

神様はいつでもあなたを見守っています。自分の感性を大事にしながら、人との新しいつながり方を確立していってくださいね。

心理カウンセラー*Haruna

ココロノマルシェ
オンラインカウンセリング無料相談

根本裕幸の「お弟子さん制度」を卒業した
カウンセラーがあなたの相談にお答えします。


ココロノマルシェ
Harunaのその他の回答はコチラ↓

Harunaの無料メール相談はコチラ↓

無料メール相談のご案内

HOME

コメント