食べることは生きること。

こんにちは!
「ママのお腹の肉が気持ちいい」と子どもに”たぷたぷ”され、喜ぶに喜べない心理カウンセラー*Harunaです( ;∀;)

 

魂の声を聞いて以来、「私のライフワークってなんだろう?」と長いこと考えているのですが、いまだにピンとくるものがありません。

ライフワークを見つけて、自分らしい人生を生きる

なんてことが実現したら、なんだか幸せそうでいいじゃないですか!

 

私も早くライフワークを見つけたいなぁという思いと、本当に見つかるのかな?という思いがごちゃまぜになりつつも、「もし見つかったら、水を得た魚のように快進撃でぶっとばし、私はすごいことになるんじゃないか」と根拠もなく漠然と思っているから、私ってめでたいやつですね~。

ちなみにワイフワークとは、師匠の言葉を借りると、「示されるもの」であり、「出会うもの」であり、「気付くもの」なんだそうです。

だから、「みつけるで~」と意気込んでいるうちは見つからなくて、「あ~これのことだったのか」って後から気がついたりするものなのかも知れません。

「これをやりなさい」と神様のお告げを受けるみたいな不思議体験をする人も、中にはいるかも知れませんけどね。

私は…どうかな。

ひとまず、『感じる心』に素直に従ってみる、これを大事にしていこうと思っています。

 

今、目の前にあるものを楽しんでやりましょう。
自分がワクワクすること、好きだと感じられることをやりましょう。
自分が自然でいられる時間を大切にしましょう。

 

さて、この通りに考えてみると、私は食べることが好きだということは言えます!

決して大食いではありませんが、よく食べるほうだと思いますし、昔から「おいしそうに食べるね」と言われてきました。同僚によると、「私が食べているモノは、なんだか良さそうに思える」らしいです。

今でも、お腹がいっぱいなのに美味しそうなものを見れば、お料理でもスイーツでも「いいなぁ~♡」とうきうきします。

家族にも美味しいものを楽しく食べてもらいたいという気持ちがあるので、時間のあるときは色々作ったりもします。

やりたい・知りたいという知識欲も満たされるので、ちょっとかわったお料理を作ったり、色々な所へ食べに行ったりする(←外食で済ませる=手抜きとも言う(笑))時間は、たしかに心がわくわくしているかも知れません!

オーガニックや無添加にこだわるとかインスタ映えを意識するとか、そういうのは面倒くさくて難しそうでできませんが、なんて言うのかな…食を通していろいろな経験をし、心豊かに過ごすということに魅力を感じているのだと思います。だから、手順を省略したり代用品を使ったりしていかに簡単に料理を作るかといったチャレンジ(=ごまかしとも言う(笑))や、ありきたりの普通のメニューをさもすごそうな料理に見えるように盛り付ける(=まやかしとも言う(笑))なんかも、よく思い付きでやっています。

カレーの仕返しも計画段階から楽しかったし、ラグビーW杯の対戦国料理も夢中でやっていました。単純に「モノづくり」が好きというのもあるので、出来上がったお料理を見ると達成感がありますしね~。

「そっかー。自分は作ったり食べたりすることが幸せなんだなぁ。」と改めて感じますね。

 

…でも、それは自分一人でやりたいわけじゃない。

 

この写真。

シャルダンという画家の「食前の祈り」という絵です(写真がちょっとナナメ…💦)

ある展覧会で、私はこの絵の前でふいに涙があふれて足が止まってしまいました。←絵画の前で泣いてる おばさん レディを見かけたら、それは私かも知れません(笑)

目玉のメイン絵画は別にあり、この小さな絵を気に留める人はいませんでしたから、しばらくこの絵を「独占」して眺めることができました。

静かに流れる時間、つつましくも凛と生きる高潔さ、母親の深い慈愛、子どもたちに受け継がれていく慣習?や信仰心、食事という世界中の人間が幾度となく繰り返してきた行為の中に、時代や文化を超えて共通する「何か」がある…そんなことが、この絵からばんばん飛んできたのです。

「こんな穏やかな親子の時間を大切に過ごしたいなぁ」と素直に思いました。

贅沢じゃなくていいから家族で食卓を囲むことや、ふとした何気ない日常の一コマに幸せを感じながら生きていきたいこと…自分がそういう価値観を持っていることに気づかされました。

 

あ!!!!
この絵にはお父さんが描かれていませんが、そこは「しーっ」…(笑)

 

ちなみに、この絵はあのロシアの女帝エカテリーナ2世が、わりと初期に彼女のコレクションに加えた1枚だそうです。

なんかイメージちがくない?!

雲の上の存在とも思えるお方ですが、彼女がどんな気持ちでこの絵を眺めたのかなぁと想像するだけでも、楽しいですね。正体はわりとフツーのお母ちゃんだったりして…。エカテリーナが私と似た感性を持っていたのか、はたまた私がエカテリーナと似ているのか(なんと畏れ多い(笑))…?!彼女がちょっと身近な存在に思えてきます(笑)

というわけで、これがライフワークにつながるのかどうかわかりませんが、これからもお料理や家族との食事を楽しんでいこうと思っています!

みなさんは、好きなこと・夢中になれること、ありますか?


心理カウンセラー*Haruna

BLOG

HOME

コメントはお気軽に~♪

コメント