タロットを心理学する☆【女帝(逆):自己否定】

女帝(逆)

 

女帝は、「このままの自分で愛される」という自己肯定ができている状態です。

反対に、「私には愛される価値などない」という感情を、無価値感と言います。

ですから、愛されるためには、何かをしたり、他の何者かにならなければならない、と感じてしまうのです。

自分の価値を証明しなければ、自分の存在意義が見いだせない…そんな状態でもあるでしょう。

本来、私たちは何もしなくても、そもそも価値のある存在です。

しかし、自己否定や自己嫌悪があると、どうしてもそのことが受け取れないのです。

 

自分の価値を受け取りましょう。

たとえダメに思う所があっても、そのダメに思っている自分も含めて、今ある自分の姿そのままでいいんです。

 

 

欠点は無くさなきゃいけない?

いいえ

それも私

 

 

心理カウンセラー*Haruna

タロットを心理学する☆過去記事はコチラ

HOMEに戻る

■無料相談のお申込みはこちら
【お願い】
◆「お名前(必須)」はイニシャルやニックネームOKです。
◆自動返信メールが送信されます。届かない方は、お手数ですが再度お問合せください。
◆以下に該当する方は、ご利用をお控えいただいております。
・精神科や心療内科にかかられている方。治療や心身の状態に影響が出ても、当方では一切責任を負えません。
・未成年の方(保護者の方を通していただければ、お申込み可)。



    タロットを心理学する
    シェアしてくれると嬉しいです!
    はるなをフォローする
    カウンセリング&タロット:モヤる人生に”アハ体験”を

    コメント