明日からまた仕事か…と嘆く憂鬱をタロットが励ましてくれる

みなさんこんにちは(^^)

私の本業のほうの夏休みが終わりました(T_T)

ここ数日ごろごろしていたら、あっという間に働く意欲が無くなり、「明日からまた仕事…」ととても憂鬱な気分になってしまいました。

ただ、どうにかしてモチベーションを取り戻さないといけないので(なんて健気なんでしょう!)、ここはもうタロットさんの力を借りるしかないか…と、ワンオラクルでカードを1枚ひいてみます。

 

世界

 

あー…、励ましてくれてる( ;∀;)

私の中では、この仕事(本業)はもう最終形態になっているってことが如実に表れています。

「まじこの仕事無理っす」とモチベーションが出ない今の私に対して、「一周まわって行きついた先だからね、しゃーないよね」と肯定してくれているように思いました。

もう少し自分の心の中を深堀りすると、今の本業に見切りをつけたことで、職場のことがなんか他人事というか(仕事はちゃんとやってますけど)、ちょっとやさぐれている感じになっています。

ちょっと大変な仕事を私が一人でやっていることもあって、こんなことを言うのは恥ずかしいのですが、「みんな自分の都合を押し付けてきて、そのしわ寄せが私にきている。私は割を食っている。」といったどろどろした気持ちも、実はものすごくあります。

上手くやらなきゃ、失敗しないようにしなきゃと気負っている部分もあります。

そのせいか、表面的には上手に明るく軽い感じに振る舞っているけど(そういうのが大の得意なので)、職場の中に居場所がない感じもしていて、このところ心を閉ざし気味になっているようにも思います。

こんな状態だとやっぱり居心地悪いし、「自立」がこじれていっている実感もあります。

タロットさんは、そういう私の心理状態を見抜いているんだなぁと妙に納得してしまいました。

 

 

なので、この「世界」のカードからアドバイスを受け取るとすると、

自立を手放して自分自身を明け渡す
他人に助けを求める
周囲との調和の中で仕事をする

つまり、一人で仕事すんなよってことですね。

そして、周囲の人たちが私を受け入れ、評価してくれているということをちゃんと受け取る。

いろんな人との繋がりや相互の関わり合いを通してこそ、働いている実感を味わったり幸せを感じたりすることができるのだと思うし、そのために自分の心はオープンにするように心がけよう。

 

天国は一人では入れない

ここ最近、ずっとこの言葉が登場する(笑)

正直、苦手な人というのも職場にいるけど、それは私のビリーフや価値観に気づかせてくれる貴重な存在でもあるわけで、それも含めて、やっぱり現状に無駄な物は何もなく、完璧な状態なのだと思います。

まぁ、気負いすぎず、肩の力を抜いて皆の力を借りながら「るんるん♪」って感じでやってみればいいんじゃない、大丈夫だよ。

そんなメッセージが聞こえてきました。

 

 

今回のように、カードを1枚だけ引いて占うことを「ワンオラクル」と言います。

とても簡単ですが、けっこう核心を突いたメッセージが出るように感じます。

ワンオラクルに興味を持った方は、ぜひご相談をお寄せください(^^)

「タロット・ワンオラクルによるアドバイス」をどうぞ(^^♪
オラクルとは、ひらたく言うと「お告げ」。ちょっとしたアドバイスが欲しい、YesかNoか知りたい、自動プログラムじゃない物を試したい、ズバリ簡潔に知りたい、手早く回答が欲しい、etc. みなさま、どうぞお気軽にお試しいただければと思います!

 

コメント